>

日本における家庭用防災シェルターの使用を考える

この記事をシェアする

家庭用防災シェルターって何?

地震大国として有名な日本ですが、地震以外にも津波・大雨洪水・台風など、様々な自然災害に見舞われることも決して少なくはりません。

国が呼びかける防災対策にもある程度の効果は見込めますし、避難勧告に従っての避難もまた、その有効性に疑いはありませんが、いずれも突発的な自然災害の備えや対策として十分かと言われれば、十全とは言い難いものがあります。

家庭用防災シェルターは、そんな防災対策を一層固めるための一手段で、日本においてメジャーなものとして核・津波・地震それぞれに対応した、個人ないし世帯を対象とした防災シェルターの総称で、核シェルターは別として、家庭用津波シェルターと家庭用地震シェルターはいずれも、各災害時の直接被害を抑制する効果が見込めるでしょう。

家庭用防災シェルターの長所と短所

一口に家庭用防災シェルターと言っても、実はそのバリエーションは多岐にわたり、耐震補強材から地下シェルターまでその形態は無数に存在し、その形態の多さゆえに、効果も形態ごとにまちまちで、全ての家庭用防災シェルターを一括りにはできませんが、防災シェルターとして、共通の長短は存在するため、それぞれ触れてみます。

はじめに、家庭用防災シェルター共通の長所は、設置後の防災能力の実質的向上と、形を伴った災害対策を準備したことによる、安心感の獲得の二つが挙げられ、いずれも災害と向き合いながら生活を送る日本では一定の効能が期待できるでしょう。

他方、短所としては、設置個所があくまで固定されるため、災害時に家庭用災害シェルターの設置個所まで赴く必要がある点と、広いスペースの確保には相応の金額が必要になる点の二点が挙げられ、家庭用防災シェルターは本質的に避難箇所を増やすにとどまる性能であることが窺えるのです。


トップへもどる