家庭用防災シェルターの費用やメリットについて

暮らしの安全を支援する危機管理情報サイト

家庭用防災シェルターの特徴とメリット・デメリット

度々、自然災害に見舞われ、しばしば決して小さくない人的・物的ダメージを被る日本ですが、家庭用防災シェルターの普及率は極めて低い傾向にあると言わざるを得ません。

これは、家庭用防災シェルターに対する認識の不足が招いたことでもありますが、一般的にシェルター=地下室というイメージから、地震大国である日本に家庭用防災シェルターはこれまでうまく定着してきませんでした。

理由は明白で地下室、すなわちシェルターが地震に弱いという認識の蔓延に他なりませんが、実際のところは、基本的に地下の方が地震そのものには強い傾向にあり、津波や地下水による浸水リスクと振動による設備破損のリスクが収束した、地震後に関して言うなら、地下は避難スペースに適しているというのが、現在、有力視されている説の一つです。

地震時の避難先として地下のシェルターがそぐわないというのは、ある側面で事実ではあるのですが、家庭用防災シェルターは津波用防災シェルター・地震用防災シェルター共に地上に設置できるので、シェルターそのものが地震に弱いとは言えず、家庭用防災シェルターは設置しておいた方が、生存率を高めるためにも、震災用の物資保管のためにも、良いということが窺えます。

結局のところ、家庭用防災シェルターは、津波用防災シェルターであれ、地震用防災シェルターであれ、特別地下に弱いという事は無く、また地上にしか設置できない設備ではないため、金銭的に余裕があるのであれば、各種自然災害及び火災等に備えて購入を検討する価値は十分にあるでしょう。

日本における家庭用防災シェルターの使用を考える

本項は、日本における家庭用防災シェルターに対するベーシックなイメージを提示すると共に、家庭用津波防災シェルターと家庭用地震防災シェルターを含む、家庭用防災シェルターの基本的なメリット・デメリットに対する私見を、まとめることを試みたページです。

家庭用防災シェルターの価格や普及状況

日本で家庭用防災シェルターを購入する際にかかる費用と、日本における家庭用核シェルターの普及率の低さを併記しつつ、家庭用津波防災シェルターと家庭用地震防災シェルターの普及率に関する私的見解を述べることで、家庭用防災シェルターの価格と普及状況の関係を追及しています。

万全に家庭用防災シェルターを使用するための準備

例えどんなに優れた家庭用防災シェルターであっても、常に万全な状況を維持することは不可能であるという見地に基づき、家庭用防災シェルターが十分に性能を発揮するためのメンテナンスの必要性と重要性の認知を図り、加えて、家庭用防災シェルターの常設装備を踏まえつつ、常備しておくべきものを明示しました。

おすすめリンク

今時の簡易トイレをご紹介

これは凄い!今時の簡易トイレは種類が豊富、どのタイプが使いやすいか等をいくつかご紹介致します。

トップへもどる